口コミで人気の化粧品で効果的なシミ対策を

効果を高めるスキンケア法

どんなに良い美白成分が入っている化粧品でも、使い方を間違っていては、なかなか効果を実感することができません。ここでは、より効果を高めるスキンケア法について解説しています。

効果UP!シミ化粧品の使い方

まずポイントとなるのが洗顔です。洗顔は、「こすらないこと」が重要。直接、手やスポンジでこするのは避け、泡で包むように洗うようにしましょう。また洗いすぎると皮脂を取りすぎてしまうので、短時間で済ませることが肝心です。

ローションは、各製品によって推奨されるつけ方が異なります。手のひらで顔を包むように優しくパッティングするものもあれば、コットンでのパッティングが推奨されるものも。また、拭き取り化粧水もあります。

各化粧品の使用法を実践することが大切になりますが、たっぷりと惜しみなく使うことがポイントになります。

ローションで肌を整えたら美白成分の入った乳液や美容液を使用します。顔全体に使用するものや目の回り専用のもの、スポットタイプのものがあります。また、ローションの前に使用する先行型の乳液や美容液もあります。

その後、クリームやジェルを使用する場合もあります。これらは順番にも迷ってしまいがちなので、やはりオススメはシリーズで使用すること。シリーズごとにもっとも効果の出る使用順が決まっているので、それに従うのが一番です。

また、効果がすぐに出なくても、ある程度は気長に使用することが重要です。肌にトラブルが生じなければ、少なくとも2~3ヶ月はつづけるようにしましょう。

やってはいけないシミのケア

上記はシミに効果的なスキンケアの方法ですが、次にNGスキンケアを挙げてみましょう。

  • メイク落としを使用しない。
  • クレンジングクリームやオイルを強い力で拭き取る。
  • 長時間の洗顔、強くこする洗顔。

また、普段のメイクでも以下はできるだけ避けましょう。

  • 油分の多いリキッドファンデーションや下地の重ね塗り。
  • 日焼け止めを使用しない。

大切なのは、肌に刺激を与えないこと。また、ターンオーバーの時期を狂わせるような負担を肌にかけることです。

紫外線に当たらないこと、紫外線ケアをすることはもちろん、肌をやさしくいたわるように扱うことで、シミを防ぐことが可能になります。

クマのケアは難しい

シミ用化粧品を使って、目の下のクマもケアしたい、とお思いの方もいるのではないでしょうか。

しかしクマにはいくつか種類があり、種類によってはどんなに強力な美白化粧品を使っても改善ができません。レーザー治療や目元のくぼみをなだらかにする注入治療など、より確実な治療を受ける必要があるでしょう。

クマの改善を目的にするのであれば、一度美容皮膚科を受診して、クマの種類や適切な改善方法を見極めてもらうことをおすすめします。

美容皮膚科で受けられるクマ治療について、詳しくはこちらのサイトをご確認ください。

目の下のクマ治療|美容皮膚科@ポータル